TCFes Marché

2018年11月 第1回

第一回目のテーマは「東北を楽しむ会」でした。
当社の運営するダイニングバー「Dining Bar Tokyo」とライフスタイルショップ「Chou Chou」による初のコラボ企画で、各店舗が取り扱う東北にまつわる商品を提供致しました。
東北のつくり手の想いが込められた日本酒、料理、商品を存分に堪能していただき、大盛況でした。

◼️開催日
2018年11月19日(月)

◼️内容
当社は、東北のつくり手たちの商品を中心に、東京では”ここ”にしかない商品やつくり手の想いの込められた商品を多数取り扱っておりますが、その中でも今回の目玉企画は以下の三点でした。

・東北の日本酒飲み比べ
 「伯楽星(ハクラクセイ)」「百磐(ヒャクバン)」「生酛(キモト)」
・高知県産100%の野菜&果物を使用したドライフード「ALL SLOW FOOD(オールスローフード)」とスピリッツ・リキュールを組み合わせたオリジナルカクテル作り
・東北のつくり手の想いが込められた商品の紹介
 「OCHACCO(オチャッコ)」(日本茶フレーバーティ)
 「磐梯(バンダイ)はちみつ」(トチはちみつ)
 「funade(フナデ)」(大漁旗を使用したアクセサリー)
 「UGYAU(ウギャウ)」(和洋折衷ふんどしデザイナー。開運グッズ)

珍しい東北のお酒に加え、東北の郷土料理を提供し、東北出身の方も、東北に初めて触れる方も全員が東北に関心を持っていただけるような会になりました。

◼️参加人数
定員80名満員御礼

2019年01月 第2回

第二回目は、特別ゲストとして、クラウドファンディングで開発資金を集め、900%近くの達成率を記録した日本酒「鷹目石(ホークアイ)」のつくり手である株式会社FORBUL 代表取締役社長 平野晟也様をお招き致しました。

当日は、平野社長自ら、お客様に「鷹目石」を振舞っていただき、日本酒に込めた熱い想いをお伝えいただきました。

「鷹目石」は、もともと若い世代に本物の美味しい日本酒を届けたいという平野社長の想いから作られたものということもあり、20代・30代のお客様と平野社長が語り合う姿で会場の熱気は高まり、賑わい冷めやらぬようでした。

◼️開催日
2019年1月23日(水)

◼️内容
第1回開催に続き、今回も満員御礼で、お客様とつくり手が繋がり、一体となった会になりました。
数多くのドリンク、料理、商品が提供される中、今回ピックアップした商品は以下の三点でした。

・日本酒「鷹目石(ホークアイ)」
・高知県産100%の野菜&果物を使用したドライフード「ALL SLOW FOOD(オールスローフード)」
・気仙沼発 日本茶フレーバーティ「OCHACCO(オチャッコ)」

「鷹目石」はもちろん、「ALL SLOW FOOD」とリキュールを組み合わせたオリジナルカクテルや、「OCHACCO」の茶葉を使ったスイーツも提供し、大盛況でした。

◼️参加人数
定員80名満員御礼

2019年03月 第3回

第三回は「東京に小さな磐梯町をつくろう」をテーマに開催しました。
当日は福島県会津地方磐梯町の磐梯養蜂場の方にも来ていただき、磐梯町ゆかりの食材や料理を皆様に楽しんでいただきました。

◼️開催日
2019年3月20日(水)

◼️内容
前回に引き続き、今回もたくさんのお客様がいらっしゃいました。
今回は日頃取引させていただいている磐梯養蜂場の方や磐梯町出身の方にも足を運んでいただき、いつにもましてアットフォームな雰囲気となりました。
提供させていただいたものとしては、
・磐梯町養蜂場のトチ蜜を使用した当日限定のチーズケーキ
・会津地方の郷土料理「こづゆ」
・会津地方特産のほうれん草・えごまを使用したオリジナルパスタ
・東京で飲めるのは珍しい赤い日本酒、磐梯酒造「会津桜」
他にも日本酒に合うおつまみメニューなどを揃え、多くの方に喜んでいただき大盛況でした。

◼️参加人数
定員80名満員御礼


磐梯町の情報はこちら


2019年05月 第4回

第四回は「米を喰らえ!」をテーマに開催しました。
当日は、株式会社YAY代表取締役社長 薬師寺様をゲストにお迎えして、お米を堪能するイベントとなりました。

◼️開催日
2019年5月22日(水)

◼️内容
今回のメインは、
Dining Bar Tokyoで普段から使用している
長野県産コシヒカリ「うまい」

炊きたてご飯のお供には、
・三陸石巻の老舗明太子
・大阪老舗の料亭で使用された松葉昆布
・京都老舗佃煮屋のちりめん山椒
・ブランド卵「那須御養卵」の卵かけご飯
漬けマグロ、焼鯖、豚の生姜焼き
をご用意させて頂きました。
どれもお米がすすむものばかりで大好評。
想定以上のご飯の減りにスタッフも嬉しい悲鳴でした。

そしてお米といえば日本酒。
今回は薬師寺様直々に選んでいただき、長野県から持ってきてくださいました。
・真澄
「YAWARAKA TYPE-1」
「うすにごり」
・MIYASAKA(みやさか 美山錦)
・59醸(飯田一基)
・BIO THIRTEEN
こちらの日本酒もどれも絶品。何度も飲まれる方も多くすっかり長野県の日本酒のファンに。

また、イベント中に薬師寺様が「美味しそうに食べている姿を見れる。農家としてこんなに幸せなことはない」と仰っていたことがとても印象的でした。
改めて日本の素晴らしさを再認識したイベントとなりました。
引き続き、各地の素晴らしさを発信していきます。

◼️参加人数
定員80名満員御礼